ベッドの引越しってどこが安いの?

ベッドの引越しはサイズが大きいので各社の料金も強気な設定です。

その中でも安い業者を探すなら、無料の一括見積もりサービスで料金を比較してみましょう。

ベッドの引越し料金が安いところを、早速探してみる⇒⇒
(かんたん1分。最大で50%OFFの引越し侍は、大手を含む運送屋さん230社が参加中)

参加中の大手の業者一部をピックアップ

折り畳みぐらいのベッドであれば、各社は安く運べても、

ダブルベッド以上になってくると、サイズが大きくなるので料金が高く付いてしまうのが現状です。

相場としては、近距離で

  • シングルでも15,000円
  • ダブルになると25,000円

これが長距離になると、あっという間に3万、4万と安いタイプであれば買い直した方が安かった(☍﹏⁰)。という料金に跳ね上がってしまいます。

だからこそ、各社の料金比較が大切になってくる訳なんです。

 

実際に、ベッドだけでも引越し料金は比較する事で安くなっていくっていうのが現状です。

 

もちろん、大切な家具を運んでもらう訳ですから、
安価なだけではダメで、一流と呼ばれる大手の料金相場を見る事がとっても重要です。

 

一社ずつに連絡を入れていては日が暮れてしまい、時間も電話代ももったいないので、
ここは、かんたんにオンラインの無料サービスを使って一気に比較をしてしまいましょう!

 

もし、ベッドのみであれば1分程度で済みますし、

後は各業者が提示する料金とサービス内容を見比べて、比較するだけなのでかんたんですね。

無料一括見積もりサービスは、料金が安い業者、また比較して料金を下げるためのサービスなので
ぜひ、ベッドを安く運び、節約をするためにお役立て下さい!

大手から地元で活躍中の格安業者が多く参加している今人気の一括見積もり

 

最大手~激安業者まで料金を無料で一括査定『全国対応』はこちら

引越し侍

最大差額50%OFFの引越し侍は、相場も分かる無料の引越し料金比較サービスです。

ベッドの引越しなど単品輸送に強い大手の運送業者から、地元の激安業者まで230社以上が参加中!

最大で10社までの料金が比較できるので、格安業者を見つける事も可能です。

ご利用者の実績も3000万件以上と今、人気のある一括見積もりサービスです。

 

今すぐ、公式サイトを見てみる⇒⇒

 

ズバット引越し比較

ズバットは全国220社以上が参加しており、ヤマトから日通、また福通まで運送業者が多い一括見積もりサービスです。

ご利用者への特典が多く、クーポン券や割引券など無料でもらえるキャンペーンも実施中です。

見積り後に引越しを依頼した場合には、その業者からお得なプレゼントをもらえるのもズバットの特徴です。

今すぐ、公式サイトを見てみる⇒⇒

 

ライフル引越し比較

ライフルは、引越し以外にも不動産の比較サイトを運営しているため、見積りに参加中の業者に特色があります。

例えば、赤帽など近場の引越しに強い業者から、地元で活躍する『まめつぶ運送』など様々な業者が参加中です。

もちろん、大手のクロネコヤマトから日通も参入しており、見積を取れる業者の選択も可能となっています。

今すぐ、公式サイトを見てみる⇒⇒

 

全部無料でご利用できます!もちろん、料金やサービス内容が希望しているのと異なれば、依頼する必要はありません。

 

 

ベッドの引越し料金が高い?自力で運ぶ場合の準備や注意点は?

引越し料金が思ったより高くて、自力で運ぶ方も居らっしゃるかもしれません。

ここでは、ベッドの引越し準備方法や運搬時に必要な道具、また運び方や注意点を記載して行きます。

1、準備方法

まず準備方法としては、解体できる枠組みは解体してしまうが鉄則です。
これは、自力運搬も業者依頼も変わりません。

 

また、個人で分解しても引越し業者では料金が変わりませんので、お任せしてしまう方法も視野に入れて下さい。
(運送業者となるクロネコヤマトや佐川急便は別料金が発生します。)

 

外したネジは、ビニール袋に破れ防止のため2重にして入れておきましょう。

マットレスは専用の梱包資材を使うのがベストですが、次の運搬時に毛布やブルーシートでくるむなどで代用して下さい。

 

2、運搬時に必要な道具や運び方は?

自力運搬だと、枠組みとマットレスがあるため乗用車で運ぶ事は無理です。
そのため、最低でも軽トラをレンタルする必要があります。

ちなみに、マットレスのサイズを一覧にすると、

  • シングルサイズ:幅100cm×長さ195cm
  • セミダブルサイズ:幅125cm×長さ195cm
  • ダブルサイズ:幅150cm×長さ195cm
  • クイーンサイズ:幅165cm×長さ195cm
  • キングサイズ:幅180cm×長さ195cm

長さはほぼ同一ですが、幅だけ若干変更されます。

軽トラの荷台幅は、140cm程度となるため、ダブルサイズからは横に立てて運搬する必要があります。
そうすると、ロープで縛る必要があります。慣れるまでは少し難しいですが、何度も繰り返す事で結べるようになります。

軽トラでロープでの縛り方参考動画

レンタカー代を減らす為、軽トラをホームセンターで無料レンタルする方法もあります。(自己責任ですが)

何か商品を購入して、1時間または2時間だけ無料でレンタル出来るサービスがある場合もありますね。

ただし、任意保険に未加入、自賠責保険のみの場合もあるため、事前に保険の確認だけは必ずするようにして下さい。

ちなみに、軽トラをレンタルする場合の料金は、

  • 半日で8500円、
  • 1日で1万円、
  • 2日で2万円

燃料代は返却時に満タンにして入れる必要があり、料金はかさむため、自力での運搬をお勧めしない理由がここにあります。

3、注意点はマットレスサイズの問題です!搬入不可とならないために

個人で運ぶ場合も、業者で運ぶ場合も、サイズが大きすぎて入らないという可能性があります。

マットレスを2階に上げる場合には、階段やエレベーターに載せる必要がありますね。

設置場所までの搬入経路を通せないと、最悪は処分しなければならないというケースが挙げられます。

業者なら、くの字にしたり、曲げたり、回したりとプロの技で搬入していきますが、個人だと通せない場合は諦めなければいけません。

また、2階に上げたいけど通せない場合だと、別業者に依頼して、クレーン車での搬入、人力での釣り作業が必要になってきます。

こうなると、当然、別料金が発生して2万~5万円程度の余計な出費が出てしまいます。

 

最低限こちらでやる事としては、引越し先の設置場所までの搬入経路のサイズと、マットレスのサイズを測るようにして下さい。

運搬後に入らないと分かった場合は、結局は運賃が無駄になり買い替えが必要になるため注意して下さい。

 

ページ上部へ戻る